【東京都】出張買取可能!着物買取サイトランキング

当サイトでは着物を売ってから後悔しないためにも、東京で着物を高額買取してくれる着物専門買取サイトの情報を集めています。現在、東京にお住いの方の中で着物を売りたいとお考えの方に参考にしてもらいたいと思います。

着物買取 ポイント

有名作家の着物は価値が高く、高額買取を期待できる!

価値が高い着物は有名作家が作り上げた着物が多い!

着物の中には数十万円、数百万円という高額の着物もあります。こうした高額の着物は作家物の着物になり、価値も高く、売る時には高額で売れる可能性が高いです。

作家物の着物は量産される着物と違って、1枚1枚手作りで作られているので稀少性も高く、高額買取を狙う事ができるでしょう。

着物作家の中には人間国宝になっている作家さんも何人もいて、有名作家になればなるほど着物の価値はどんどん高くなっていきます。

着物を売ろうと考えた時、作家さんの事を知っておくだけでも役に立つ事があるので把握しておくことがおすすめです。

ここでは有名な着物作家に注目をしてみたいと思います。

人間国宝になっている着物作家

先ほども述べましたが、着物作家の中には人間国宝になっている方は何人もいて、有名な作家になればなるほど着物の価値は高くなります。

人間国宝になっている着物作家をご紹介すると、

斉藤三才
和田光生
松井青々
森口華弘
羽田登喜男
稲垣稔次郎
上野為二
小川規三郎
鎌倉芳太郎
喜多川平朗
北村武資
木村雨山
古賀フミ
甲田栄佑
小宮康助
小宮康孝
佐々木苑子
清水幸太郎
志村ふくみ

ざっと挙げただけでもこれだけの方がいるんですね。上記でご紹介した作家さんの他にもまだまだ人間国宝になっている作家さんは多くいます。

中でも特に有名なのは、上位でご紹介している斉藤三才、和田光生、松井青々の3人。

斉藤三才

斉藤三才は現代着物作家の一人で、独自の色彩美を持った着物をいくつも作り上げています。

父は染色作家の斉藤才三郎、そして、息子は着物デザイナーとして有名な斉藤上太郎。親子三代に渡って着物に携わり、斉藤三才の影響力、知名度、業績は計り知れません。

斉藤三才はメディアで取り上げられる事も多く、現代着物作家の第一人者として有名な着物作家です。

和田光生

和田光正は「金彩友禅」の第一人者。2003年には厚生労働省から『現代の名工』として表彰されたことでも有名です。

独自で新しい技術開発にも情熱を注いでおり、独自の世界観で作り上げられた技法が『金彩友禅』なんですね。

和田光正は海外でも展覧会を開催するなど、国内外問わず人気の高い着物作家です。

松井青々

「京友禅」の第一人者になる松井青々。

松井青々の着物は他の技法では表現できない独特の色合いを持っており、植物の色素で布を染めるタタキ染めの技法が用いられています。

タタキ染めによって作り上げられた着物は艶やかな文様を描き、着物を360度どこから見ても美しく魅せるようにデザインされていて、これが松井青々の着物の大きな特徴になります。

価値が高い着物だからこそ着物買取サイトで着物を売る事が必須!

現在、着物を買取してくれる買取業者は多く存在します。しかし、買取業者によって買取金額は様々。

着物に関する専門的な知識がない買取業者だとどうしても安く買取られてしまう事になるので、価値が高い着物や有名作家の着物は着物の価値をしっかり見極めてくれる着物買取サイトに売るのが必須です。

着物買取サイトには着物に関する専門的な知識を持った専門査定員がいます。

作家物の着物も見分ける事ができ、着物の価値をしっかり見極めてくれます。当然、着物の価値に見合った買取金額を提示してくれるので、価値が高い作家物の着物は高い確率で高額買取を狙う事ができるでしょう。

着物専門の査定員がいる着物買取サイトを以下のページでご紹介しているので現在、着物の売却を検討されている方には一度、目を通してほしいと思います。

着物専門査定員がいる着物買取サイトはこちら!

東京 エリア別 着物買取